家族葬で注意したいポイント

家族葬とは、家族や親族、場合によって親しい友人など内輪のみで執り行う葬儀のことです。

密葬という言葉もありますが、密葬は後から別途告別式やお別れの会などを行うのに対して、家族葬はそれのみで完結します。身内だけの式になりますので、しきたりやマナーにとらわれず、故人や遺族の遺志に沿った形で行うことができるのが特徴です。家族葬を行う場合、気を付けたいポイントがあります。一つは、周囲への理解を得るということです。故人の友人や職場関係の人で参列をしたいと思う人もいるかもしれません。

親しい人の範囲をどのくらいまで広げるのか、お知らせは誰まで行うのか、あらかじめ話し合っておく必要があります。また、参列をお断りする場合は、家族葬であることを伝えてその旨を丁寧にお知らせしておく配慮をしましょう。香典や供花、弔電などの扱いもどうするのかを決めておきます。もう一つは、料金のことです。家族と親族のみが参列するというだけで、基本的には通常の葬儀と同じ流れで執り行われます。

そのため、葬儀の料金としては大きく変わるわけではありません。葬儀社などでは家族葬プランとしてパック料金を提示しているところもありますが、葬儀に必要なものがそろっているかどうか確認しておくほうが良いでしょう。さらに、お通夜や葬儀後に出す食事の代金もかかるので、それもきちんと予算に入れる必要があります。葬儀の形は様々ありますが、周囲に配慮もしつつ故人も遺族も納得のいく方法で行うことができるよう考慮しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *