家族葬とは、どんな葬儀ですか

家族葬は、身内や親族など、故人が親しくしていた内輪だけで行う葬儀です。

以前は、密葬という言葉が使われていましたが、密葬の場合は、後に本葬が行われることが多く、家族葬は、この内輪での見送りだけです。高齢化が進む中で、故人の親しくしていた人が少なくなり、身内や親族の会社関係者など故人と関わりのない人の参列者が目立つようになり、形式的になっていた面があります。

その反動として、本当に故人の死を悼む内輪だけの葬儀が望まれるようになってきています。また、経済的な面の影響も否めません。経済状況は上向きと言いながらも、非正規労働者が増加し、収入面の減少に歯止めがかからない状況です。無理に形式的な葬儀をするよりも、シンプルに内輪だけで見送ろうという傾向が多くなっています。もう一つは、家族が遠く離れて生活しており、高齢者施設で生活されている方も多くなっています。亡くなられてから訃報を知らせる相手も少なくなり、故人の知人関係も分からないということもあります。

自然と内輪だけの葬儀にならざるを得ません。葬儀のマナーについて云々されることがありますが、家族葬は親しくしていた身内や親族だけで行いますので、形式にとらわれる必要はないようです。儀式の進行や席順、喪主の挨拶や弔辞などについては、葬儀社に相談して、柔軟に対応する方がいいでしょう。個人に対して、参列者それぞれがお別れができるように、充分な時間を取るようにする方がいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *