家族葬とは何か?またメリットとデメリットは?

家族葬とは、家族や親族等の近親者だけを集めて行われるお葬式のことです。

そのほとんどは、お通夜や告別式も含め、近親者以外の弔問客の参列は受け付けずに、小規模、少人数で行われます。ごく稀に、故人の親しかった人が参列する事もあります。身内葬や家庭葬とも言われていますが、これらの言い方は近年使われるようになったもので、以前は密葬と一般的には呼ばれていました。家族葬のメリットは、基本的に親族だけで行われるので参列者の数も少なく、無駄な費用もかからない為、安く済ませることが出来ます。また少人数なので、日程の自由も利きますし、手間もかかりません。

そして、近親者だけなので、たくさんの弔問客の相手をする必要もなく、精神的にも体力的にも楽で、静かに故人をおくる事ができます。一方デメリットは、周囲に出来るだけ知られないように行う為、自宅や自宅周辺で行う事が出来ません。また、弔問客も殆どいない為、香典も少なく、お葬式の費用を安くおさえるつもりがかえって高くなってしまう可能性もあります。他にも、弔問できなかった人から、お世話になっていたのに何故呼んでくれなかったのかと不満が出る可能性があります。

そして葬儀後に、亡くなった事を知った人が個別弔問する場合があり、対応が増えてしまう場合もあります。家族葬は少しずつ認知されるようになって来ましたが、まだまだ社会的にはなじみのない形なので、行う場合は周りの理解をきちんと得ながら、葬儀社のスタッフと打ち合わせをして決めないと後でトラブルになりかねません。お葬式は故人のものだけではなく、家族のものでもあり、また来てくれる人のものでもあります。全ての人が出来る限り納得できる形の葬儀を行う事が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *