家族葬のマナーと注意点

お葬式は人生の一大イベントといえるもののひとつですが、都市部を中心に家族以外の参列を拒否したコンパクトなお葬式を行う家庭が増えています。

このような形式の葬儀を家族葬と呼び、身内だけでゆっくりとお別れの式をしたいという遺族や、遺族に金銭的な負担をかけたくない本人によく選択されています。しかし家族葬を選択する家庭が多くなっている一方で、一般的にはまだまだ認知度が低く、どういった葬儀であるのか、どのようなマナーがあるのかを理解している方は少ないのではないでしょうか。家族やごく近い親族、故人と特に仲の良かった友人など、遺族が招きたい人だけで行う葬儀は少人数なので会場も小さくて済み、自宅を会場にする場合もあります。

式の内容は仏式か無宗教式かで変わってきますが、仏式で行われる場合には、儀式の内容や順番は一般葬と同じです。もしも参列することになった時には、服装やマナーなども一般葬の場合と同じと考えて問題ありません。遺族によって細かいやり方の違いはありますが、特別なルールがある場合は案内状に指定があるはずですから、よく読んで確認しましょう。

ただ、亡くなった方が友人や知人の場合は、家族葬に招かれるということはまず無いでしょう。明確に参列をお願いされたのでもない限り、親しい間柄であっても勝手に弔問するべきではありません。参列はできなくてもせめて弔意を表したいという時でも、返礼品が必要になるようなものは送らないのがマナーですので、送るとしても弔電にするか、後日個別に伺ってお線香を上げさせてもらうかにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *