家族や親類でゆっくりお見送りの家族葬

最近は終活ノートを購入する高齢者が多く、自分の死に対して向き合い、最後まで自分の意志を反映させようとしています。

死んだらどうするという希望を書き連ねるだけではなくて、死ぬ前にも自分の意志を伝えられなくなる可能性もありますし、突然亡くなることも考えられますから最低限のことは書き留めておきたいようです。

遺書という大げさなものではなくても、葬儀のことや預貯金、埋葬に関しては明記しておかないと残された人たちは困ってしまいます。終活ノートを購入した人の多くは葬儀の方法にもこだわりたい場合あり、通常の葬儀(一般葬・一般葬儀)というタイプは選択せずに家族葬などを選択するように遺言を残しています。家族葬とは、家族や親類を中心に葬儀を行い、ごく近しい友人は参列することはあっても基本的に身内以外の参列はありません。

また、葬儀の内容は一般葬と同じであり、家族葬だからといってお付き合いのあるお寺さんにお経をあげてもらえないなどということはありません。喪主がお寺さんにお願いをしてお経をあげていただくのは差支えありません。ただ、葬儀の装飾がシンプルになり、費用がおさえられます。その点ではこぢんまりとしたお葬式になるはずです。参列者は故人のお付き合いの度合いによっても違ってきます。高齢であまり近隣の方とお付き合いがないという場合は大きな会場で葬儀をする必要はありません。そのような場合も家族葬にして、家族や親類でゆっくりお見送りをすればよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *