家族葬に参列する服装

家族葬の参列者は、家族と親族、ごく親しい人に限られることが一般的です。

故人の好きだった曲をかけたり、趣味のものを展示したりするなど形式にとらわれず個性的で故人らしさにあふれたものにできることが家族葬の良さといえでしょう。家族葬は、家族や親族から声がかかった人のみ参列することとなります。万一、声がかかった場合、服装のマナーは家族葬であっても一般のお葬式とは変わりませんので、礼服が望ましいといえます。平服でと、但し書きがあるような場合は、男性ならダークスーツに黒ネクタイ、女性ならグレーや黒などのダークカラーのスーツでシンプルな装いであることが基本です。清楚できちんとした印象のものが向いています。

ストッキングは黒にすることがマナーです。肌を隠すことは哀悼の意を表す意味があることから肌の露出は避けたいものです。また、女性の場合はインナーまで黒にするのがルールです。急な弔問となったとき以外は白いブラウスは控えます。昨今はパンツスタイルも多くみられます。スカートのほうが格が高いとされているため、参列者側であれば構わないこともあります。

特に、寒い季節や寒冷地方でしたら寒々しい印象を与えずに済みます。その場合でも身体のラインが強調されるような細身のパンツは控えることが望ましいといえます。故人とのお別れの時間をゆっくり持つことができる家族葬は、最期の想い出ともなるような満足感が得られることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *