現代の葬儀に関する事

冠婚葬祭は人間にとって切り離すことができない事柄です。

それは誰しも結婚したり、やがては死去するからです。しかし結婚を意識して準備しても葬儀に関しては無関心な人が多い傾向にあります。しかし死は突然やって来ます。こうした場合に備えて準備しておくことが大事なのです。葬儀を執り行うのは想像以上に費用のかかる事です。一般葬と言って参列者を招く葬儀であると、300万円前後の費用が掛かることもあるのです。こうした葬式では遺族が返礼品や、訃報の連絡、食事の用意など様々な段取りに時間を割くことになります。

すると遺族は故人とじっくり向き合いきちんとお別れすることができないのです。これでは遺族にとって非常に悲しい葬式になってしまいます。そこで最近では家族葬と言う葬式が人気になっています。家族葬はごく身近な親族だけを集めてお別れする葬式なのです。費用は一般葬の三分の一程度で執り行うことができるのです。

そのため遺族の費用の負担も軽減され遺族にとってありがたい葬式となっています。また小規模の葬式であるものの、じっくりと故人と向き合いお別れすることができるので、アットホームで心温まる思い出深い葬式になるのです。また返礼品の用意、食事の用意、香典返しなどに時間を取られることがでないので、こうした煩わしいことに時間を割く必要がなく、じっくり故人と向き合うことができるのです。最近では多くの人が一般葬でなく家族葬を選択する様になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *