家族葬による葬儀の特徴

最近では、葬儀のスタイルとして家族葬で行う人が増えてきています。

家族葬は遺族のみで行ったり、親せきやごく親しい人も加えた少人数で行う葬儀を指します。なぜ、家族葬が増えてきているのかというと、核家族が増えてきて、血縁や地縁の間柄での交流が減少してきたということ、平均寿命が延びてきていて、亡くなる年齢が高くなってきているということなどが原因として考えられます。この家族葬による葬儀のメリットとしては、会葬者を親族や親しい人に限定することで、喪主や遺族の精神的な負担を軽減と葬儀にかかる費用の軽減を挙げることができます。

家族葬にかかる費用の目安としては、600000円から1000000円くらいが目安となってきます。家族葬を行う式場としては、自宅や町内会の施設、公営斎場、民間斎場などを挙げることができます。特に火葬場併設の公営斎場の場合は、ただ、費用が安いというだけではなく、火葬場と併設しているので移動にかかる費用や手間を省くことができます。

ただし、人気の高い斎場の場合、複数の葬儀を同時に行っているので、あまりゆっくりできない可能性があります。家族葬の注意点としては、家族葬にすることで親族のみでゆっくりと故人とお別れができますが、故人と関係が深かった人が後日亡くなったことを後になって知ってショックを受けることがありますから、家族葬にするということは、事前に伝えるということが大事になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *